歯科の種類

歯周病は国民病といわれるほどに多い

歯科医院では、歯周病の治療や予防に重きを置いているところが多いです。そもそも歯周病は、歯と歯ぐきの間にたまった細菌が引き起こす病気のことです。その主な症状は、歯ぐきの腫れ、出血、また最悪の場合、歯の歯槽骨が溶けて歯がぐらつくこともあります。ある統計によると、歯周病は35歳をすぎると8割もの人がかかるということが判っています。ですから、誰もがなりうる病気と言えます。 自分が歯周病かどうかチェックするには、下記に当てはまるかどう確認すると良いです。たとえば、歯を磨くと歯ぐきから出血が見られる、歯ぐきに腫れがある、歯ぐきが赤い、口臭が強いなどの症状です。複数の症状が当てはまるようでしたら、歯科医院に相談にいったほうが良いです。

歯科医院での歯周病の予防方法

歯科医院では、歯周病にならないようにする予防歯科を重要視しています。この予防歯科とは、 患者が歯周病になりにくい口腔内環境を作る治療方法です。 具体的にどのようなことを行うかというと、歯のクリーニングです。クリーニングでは、歯磨きでは除去できない歯周病菌のバイオフィルムを破壊できます。よって、歯周病を予防するのにとても効果があります。 クリーニングの方法は、まず専用器具で歯に付着した歯石を丁寧に取り除きます。その後、歯の表面をペーストを使用して研磨していきます。歯の表面や歯と歯の間を徹底的に磨き上げ、きれいにすることができます。口の中はさっぱりして、歯の汚れがきれいに除去できます。なので、歯周病予防だけでなく、歯の色も明るくなります。

Copyright © 2015 歯を白くする方法を知ることで真の美しさを知ろう All Rights Reserved.
Designed by:www.alltemplateneeds.com Images from: http://wallpaperswide.com www.photorack.net